アルミサッシを高断熱樹脂サッシに交換!

札幌トーヨー住器のアルミサッシを高断熱樹脂サッシに交換!の施工事例写真

建設物
戸建て
施⼯箇所

リフォーム内容
結露がひどい
窓の隙間風
部屋が寒い
地域
北海道札幌市
工期
1日
商品
エルスターS

札幌市内O様邸。
建築後20年以上が経過し、リビングのアルミサッシ+樹脂内窓による二重窓の機能劣化が目立ち(結露量の増加、すきま風など)O様も窓の交換を決意されたようです。
家の中でもっとも過ごす時間が長い場所。
窓の性能が落ちて冷気で冷えるようになると、逆に灯油やガス代などの暖房費が上がってきてしまいますね…


出来栄えをO様には大変喜んでもらえましたが、冬にこそその喜びが更に大きくなると思いますので、暖かい冬を楽しみにしていて下さい!(^^)


ちなみに、施工時間3時間弱の工事でしたが、もっと小さい窓なら1か所1時間程度で済む場合もあります。
価格も安くて済みますよ。^^

ちなみにちなみに。
高断熱の窓は、夏場の冷房効率もグンとアップします。
暑さにも寒さにも対策となる、断熱窓交換工事、おすすめです。



札幌トーヨー住器(株)
TEL/FAX 011-872-0600/0666
info@sapporo-toyo-juki.com

施工前

札幌トーヨー住器のアルミサッシを高断熱樹脂サッシに交換!の施工前の写真1

施工後施工後施工後

札幌トーヨー住器のアルミサッシを高断熱樹脂サッシに交換!の施工後の写真1

まずは外窓の障子と内窓を取り外し、新しく取り付ける高断熱樹脂サッシのスペースをあけます。 古いサッシ枠の内側に、新しいサッシをはめこみ取り付けます。 当たり前ですが、古いサッシの枠内に新しいサッシを取り付けるので寸法はどうしても少し小さくなります。 そこで当社では現地の調査時に詳細な寸法をとることで、発生するロスを極力小さくするように心がけています。 高断熱ガラス(Low-Eガラス)をはめ込み、古いサッシと新しいサッシとのすき間に、断熱性の高い発泡ウレタンを充填します。   外壁との取り合いに、化粧カバー材を取り付けて、漏水防止のためのシーリングを施工すれば完成です。 室内側は美しい木目柄の防腐性に優れた新しい額縁材でカバーしました。    

お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ(営業時間内での受付)

0120-954-441

メールでのお問い合わせ(24時間受付中)

お問い合わせフォーム

  • イベントキャンペーン
  • 現場ブログ
  • お客様の声
  • 施工事例
  • #おうち時間を幸せに おうちいいコト100のアイデア
  • 健康・快適は窓から。
  • 台風で大きな被害を出さないためには「窓」が重要
  • サービスの流れ
  • 不安0宣言
  • 窓マイスター制度
  • 窓診断の流れ
  • スタッフ紹介
  • CASE & STUDY
  • よくある質問
  • お役立ちコラム

お電話でのお問い合わせ(営業時間内での受付)

0120-954-441

メールでのお問い合わせ(24時間受付中)

お問い合わせフォーム

相談する